国際医学出版株式会社

HOME出版物のご案内デジタルコンテンツのご案内会社概要お問い合わせ

* HOT TOPIC *

 


画像でみる
耳の診断と治療 <小児編>
[英語版]

当社の画像でみる 耳の診断と治療<小児編>の英語版が
Pediatric Ear Diseases
Diagnostic Imaging Atlas and Case Reports」
としてスイス・Kargerより発行されました。

英語版の詳細はこちらから

日本語版の詳細はこちらから

 width=

● ご存知ですか? ●

明解画像診断の手引き
呼吸器領域編
パターン分類による画像診断

[英語版・ギリシア語版]

詳細はこちらから

 width=

Information

お知らせ

信頼ある医学・薬学分野の書籍&デジタルコンテンツを企画制作しております

当社は、医学・薬学分野を専門とし、出版・デジタルコンテンツの企画制作他、多角的に業務を展開しております。書籍等の個別の詳しい内容紹介を今後充実させてまいります。

呼吸器領域の定期刊行物:最新刊

成人最新刊

明解 画像診断の手引き:呼吸器領域編
Suppl 188/画像診断の新しいアプローチ48

― 結核と非結核性抗酸菌症は画像で鑑別できるか ―

  

●著者:沖本二郎(川崎医科大学総合医療センター特任教授)
●2021年2月24日発行
●A4判8頁/300円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-298-2 C3047

【本書の特長】
COVID-19感染症の流行下でも、日々目を光らせるべき重大な疾患は多数あります。その一つが肺結核です。画像で肺MAC症などのNTM症と鑑別がどこまで可能か、実症例に即して行われた討論を掲載。

詳細はこちらから

小児最新刊

明解 画像診断の手引き:呼吸器領域編
Suppl 187/小児呼吸器領域39

―先天性嚢胞性肺疾患:鑑別・診断・治療―

 

●著者:滝沢琢己(群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野准教授)
●2021年1月28日発行
●A4判8頁/300円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-297-5 C3047

【本書の特長】
妊婦の検診を通じて胎児の様々な情報を得られるようになった今でも、念頭に置いておくべき疾患から、先天性嚢胞性肺疾患を取り上げ、鑑別・診断・治療についてディスカッションしました。

詳細はこちらから

成人新刊

明解 画像診断の手引き:呼吸器領域編
Suppl 186/画像診断の新しいアプローチ47

― COVID-19流行下における呼吸器診療について ―

  

●著者:松島秀和(さいたま赤十字病院呼吸器内科部長)
●2020年10月28日発行
●A4判8頁/300円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-296-8 C3047

【本書の特長】
常にCOVID-19を念頭に置きながら日常診療に臨む現場のアプローチ。(さいたま赤十字病院呼吸器内科カンファレンスvol.11)

詳細はこちらから

小 児

明解 画像診断の手引き:呼吸器領域編
Suppl 185/小児呼吸器領域38

―気道クリアランス障害と呼吸器画像所見―

 

●著者:手塚純一郎(福岡市立こども病院アレルギー・呼吸器科科長)
●2020年9月25日発行
●A4判8頁/300円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-295-1 C3047

【本書の特長】
治療にもかかわらず呼吸器症状が遷延する症例の考え方、画像診断、治療

詳細はこちらから

呼吸器領域の単行本:人気定着


【実践から学ぶ小児呼吸器読影テクニック】
明解 画像診断の手引き
小児呼吸器領域編3

<感染症症例を中心に>

●編著
川崎一輝(国立成育医療研究センター呼吸器科医長)
望月博之(東海大学医学部専門診療学系小児科学教授)
●2019年3月25日発行
●A4判120頁/定価:3,000円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-285-2 C3047

(全国の書店または当社へご注文ください)

【本書の特長】
1. 臨床にも学習にも役立つと好評の冊子『明解 画像診断の手引き』の「小児呼吸器領域」シリーズから、既刊の8冊分を合冊、単行本化。
2. 今回は、感染症症例を主とした号を選んでの合冊です。
3. 掲載症例数61例、画像約290点。画像索引・総合索引掲載。
4. カンファレンス・スタイルを取り入れたディスカッション形式の編集です。読影ポイントを示し、診断に役立つ情報をわかりやすく解説。

詳細はこちらから


【圧倒的情報量!】
検診胸部X線写真の読影

―肺がんの発見から治療、予後までを追う―

●編著:浜松市医師会 肺結核・肺がん検診委員会(編)、丹羽 宏(編集委員長)他の執筆
●2016年9月1日発行
●A4判 256頁/定価:5,000円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-263-0 C3047

(全国の書店または当社へご注文ください)

【本書の特長】
1.浜松市の肺がん検診で発見された症例の中から特徴的な胸部X線所見を示す症例を選別し、テーマ別に区分して配列。21テーマで、全89症例掲載
2.全症例は、まず大サイズの胸部X線写真を掲載し、読影していただき、次ページにその解答というべき形で病変部位を表示し、解説。
3.前年の胸部X線写真との比較読影ができる症例、CT、PET、病理所見を掲載した症例も多数。
4.解説では出来る限り治療法、予後も記載。巻頭の論説も充実。

「中日新聞」(2016年9月6日)に紹介記事が掲載されました。

詳細はこちらから

名医の足跡から学ぶ:単行本(臓器移植)


臓器移植と仲間たち

 

●著者  高木 弘(名古屋大学名誉教授)
●2017年8月3日発行
●B5判100頁/2,500円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-273-9 C3047

(全国の書店または当社へご注文ください)

【本書の特長】
日本における臓器移植の進展に多大な貢献を果たした高木弘 名古屋大学名誉教授の回顧録。スターツル、マーフィーをはじめ世界的な外科医と親密に交流し、内外の学会で始動的役割も担った高木先生にとって、思い出深い場面の数々がリアルに描写されています。

詳細はこちらから

感染症領域の単行本セレクション


[座談会]
市中急性気道感染症

耐性菌の現況を考える

 

●監修  紺野昌俊(帝京大学名誉教授)
●2016年3月12日発行
●A4判48頁/3,000円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-255-5 C3047

(全国の書店または当社へご注文ください)

【本書の特長】
薬剤耐性菌が増加する呼吸器感染症の現状に如何にして対処するか――感染症領域の賢者9名が集い真剣に語り合った内容を細大漏らさず掲載!

【出席者】
紺野昌俊(司会)/岩田 敏/生方公子/工藤典代/黒木春郎/清水健一郎/田島 剛/冨山道夫/保富宗城

【主な項目】
耐性菌に対応する抗菌薬の動向/わが国における気道感染症関連細菌の耐性化/肺炎球菌について/インフルエンザ菌について/小児急性中耳炎に対する第一選択薬/抗菌薬のスイッチ療法について/成人慢性呼吸器疾患における急性増悪と病原微生物/抗菌薬の適正投与期間について/ワクチンについて、他多数

詳細はこちらから

呼吸器領域の注目版セレクション


画像でみる呼吸器感染症

 

●編集
松島敏春
(一般財団法人 淳風会 倉敷第一病院呼吸器センター長)
藤田次郎
(琉球大学大学院感染症・呼吸器・消化器内科学(第一内科)教授)

●2014年6月発行
●A4判168頁/5,000円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-232-6 C3047

(全国の書店または当社へご注文ください)

【本書の特長】
13年の歴史を有する当社自慢の定期刊行物「明解画像診断の手引き:呼吸器領域編」シリーズの編集/執筆陣による待望の単行本です。呼吸器感染症の症例を91例精選し、鮮明な画像と明解な解説により、実践にも学習にも役立つ頼もしい1冊となるべく編集。提示症例91例、X線画像176点、CT画像352点。

詳細はこちらから

 

話題の1冊

明解 画像診断の手引き:呼吸器領域編
Suppl 136/特別号

[特別座談会]
呼吸器画像診断の過去、現在、未来
―12年間の編集に携わって ―

 

●出席者
 松島敏春(一般財団法人 淳風会 倉敷第一病院呼吸器センター長)
 江口研二(帝京大学医学部内科学講座教授 腫瘍内科/ 帝京がんセンター長)
 桑原正喜(社会医療法人 誠光会 草津総合病院院長/同志社大学客員教授)
●2013年6月発行
●A4判12頁/300円(本体)+税
●ISBN978-4-86102-216-6 C3047

【本書の特長】
 呼吸器画像診断の実践的な手引書として2000年にスタートし、現在も続いております当社定期刊行物 「明解 画像診断の手引き:呼吸器領域編」シリーズにおいて、編集者として当初から甚大な貢献をいただいた、 松島敏春先生、江口研二先生、桑原正喜先生による座談会を収載。当シリーズの道程を振り返るだけでなく、 呼吸器画像診断の過去・現在・未来についても言及した貴重な内容です。

詳細はこちらから

  

精選! 骨代謝・リウマチ領域の論文ダイジェスト集

日本を代表する骨代謝・リウマチ領域のエキスパートにより
厳選された世界中の価値ある論文のエッセンスを紹介!!

Bone & Joint Research Update

No.69 August 2019

 

●監修: 折茂 肇(医療法人財団 健康院 理事長)
●顧問: 松本俊夫(徳島大学 藤井節郎記念医科学センター長)
●編集: 福本誠二(徳島大学 藤井節郎記念医科学センター 特任教授)
  中島友紀(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
      分子情報伝達学 分野長 准教授)

宗圓 聰(近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科教授)
杉本利嗣(島根大学医学部内科学講座 内科学第一 教授)
田中 栄(東京大学大学院医学系研究科外科学専攻
      感覚運動機能医学 講座整形外科学 教授)

米田俊之(米国インディアナ大学医学部 血液・腫瘍学部門 教授
      大阪大学大学院歯学研究科 生化学教室特任教授 [非常勤])

● 2019年8月23日発行

【本書の特長】
骨代謝・リウマチ領域を中心とした臨床と基礎研究の最新の成果について 海外のジャーナルから注目すべき論文を選択し、 そのエッセンスを紹介するシリーズ (年3回[4月,8月,12月]発行)

【主な項目】
● 臨床的研究編「病因・病態」「診断」「治療」「リウマチの臨床」
● 基礎的研究編「骨芽細胞と骨・軟骨形成,骨基質蛋白」「破骨細胞と骨吸収」「ホルモンとサイトカイン」「筋肉・腱と靭帯」

※ 全国の書店、または当社にてご注文いただけます(No.58まで)。
お申し込みはこちらから

なお、No.59よりオンラインPDFマガジンとして発行しています。
閲覧ご希望の方は「詳細」欄より、お手続きください。

詳細はこちらから

 

INTERNATIONAL MEDICAL PUBLISHERS,LTD. All Rights Reserved.

セキュリティポリシー